発達外来(発達障害・心身症) | えがおのこども しもたけクリニック | JR西宮駅すぐ | 小児科 小児心療内科

えがおのこどもしもたけクリニック

インターネット予約はこちら

発達外来(発達障害・心身症)

発達障害とは

最近、テレビや本などで非常に注目されるようになってきました。産まれながらにして持っている特性であり、そのために生活の様々な場面で支障が出ることがあります。

具体的には、ことばが遅れる、ことばの理解が悪い、話し方が独特、友達と遊べない、ルールが理解できない、他人の気持ちが分かりにくい、空気が読めない、人付き合いが苦手、こだわりが強い、興味や関心に偏りがある、パニックを起こす、感覚過敏がある、落ち着きがない、授業中立ち歩いてしまう、衝動性が強く危ない行動が多い、集中力が続かない、忘れ物が多い、計画性がない、物が整理できない、読み・書き・計算など特定の勉強が苦手といった様々な特性が挙げられます。

成育歴の聴取や、お子さんの行動観察、発達検査などから、総合的に何か診断名が付くのかを考えていくことになります。自閉スペクトラム症(アスペルガー症候群、広汎性発達障害、高機能自閉症、自閉症など様々な呼び方があります)、ADHD(注意欠陥多動性障害)、LD(学習障害)など多くの診断名がありますが、大事なのは、どんな診断名が付くかではなく、お子さんにどんな特性があるかを知ることです。発達検査によって、お子さんが、何が得意で何が苦手であるかという傾向を知ることは非常に重要で、対応を知ることで、お子さん自身も、御家族も、生活しやすくなることが期待されます。

また発達障害は病気ではありません。個性や性格と捉えてください。できることとできないことの差が強く、少し生活することが不器用なだけなのです。今まで苦手と感じていたことを、周りで解決策を考えてあげるだけで、随分生活しやすくなります、好きなことは非常に興味が強く得意であるため、将来、その分野で才能を開花させることも少なくはありません。

当院ではそのようなサポート法を一緒に考えていくと共に、必要があれば、薬の処方や、書類の作成(特別児童扶養手当、自立支援医療(精神通院)など)、学校・行政などとの連携などもお手伝いさせていただきます。

心身症とは

現在はストレス社会です。こどもの世界でも、学校や習い事、家庭で、昔とは比べ物にならないほど様々なストレスを抱えながら生活をしています。その結果、上手に対処できないお子さんは、体の不調として症状が出現し、頭痛や腹痛、吐き気、下痢、便秘、不眠、喘息、アトピーなどが見られることがあります。

診断名としては、起立性調節障害、過敏性腸症候群、夜尿症、チック、摂食障害、過呼吸、片頭痛、抜毛症、吃音、場面緘黙、心因性発熱、心因性視力障害、不登校、夜泣き、夜驚症、一部の気管支喘息やアトピー性皮膚炎、周期性嘔吐症など、様々なものがあります。

ストレスにより体調不良が起きていないかを聴きとり、心理的なアプローチからも治療を行います。必要があれば、心理カウンセリングも行っていきます。

当院では特に、起立性調節障害の診療に力を入れています。起立性調節障害は、不登校児の原因の3~5割を占めており、軽症例も含めると中高生の約1割が罹患していると言われ、教育の分野でも非常に重要な病気です。神戸大学、神戸赤十字病院での豊富な経験実績があり、兵庫県教育委員会からは、平成26年から28年まで、新規採用の養護教員向けに起立性調節障害の講義依頼も受けてきました。開業後も、この起立性調節障害の診療に尽力を注ぎたいと考えています。


フィノメーター

当院では、フィノメーターという特殊な検査機器を導入し、起立性調節障害の正確な診断ができるようにしています。ガイドラインの治療だけでなく、漢方薬による治療経験も豊富であり、少しでもお役に立てればと考えています。また通常の小児科では、受診は中学生までと区切っているところが多いです。高校生以上の同疾患のお子さんは、受診できる医療機関がなく、適切な治療がされていないのが現状です。当院は初診を20歳までとしています。高校生や大学生の方にも、安心して診療に当たらせていただきますので、お気軽に受診してください。

一般小児科外来と発達外来のどちらを受診すれば良いですか?

発達障害が疑われる場合の相談や、身体症状がメインでない不登校の相談は、従来通り、発達外来の初診の予約をお願いします。

起立性調節障害など心身症が疑われる場合や、身体症状がある不登校の相談は一般小児科外来の受診をお願いします。風邪などのお子さんの診療が優先になり少しお待たせすることがあるかもしれませんがご了承ください。また木曜日や土曜日は待ち時間が長くなる可能性があるため、なるべくそれ以外の曜日にお越しになることをお勧めします。

  • ●再診は、相談が長くなく、薬の処方がメインの場合は一般小児科外来で、相談にお時間がかかったり、特別児童扶養手当など書類の作成がある場合は、発達外来でお時間をかけて診させていただきます。
  • ●予約に関してご不明な点があれば、お電話で対応致します。

発達外来の診療は完全予約制となります。

インターネット予約はこちら